2015年2月28日

ファッションモンスターシンジ IMG_3832.jpg

・・・・・

毎日ひなたぼっこしたい。
こんばんわ。シンジです。


ファッションモンスターになりたい。
といえば嘘になるが、
人生で一度くらいはなりたいものだ。

当然、自分が良いと思った服を着ているわけだが、
基本的にシンジはカジュアルな服しか着ない。
ウィンドブレーカーやパーカーなど、
あぁ、街にいる暇そうな男ね。といった感じの服装しかしない。

本音をいうと、それはそれでカッコイイと思っているわけなのだが、
時々、自分とは傾向が全く異なる服装の人たちが気になってしまう。


例えば、山ガール的ボーイファッション。
山登りとストリートのイイトコどりをしたような服装だ。
なんだかテロっとしたハットをかぶり、
ところどころチェック柄のシャツなどを着ている男。
羽織っているのは、防水でテロテロした薄手の合成樹脂だ。
樹脂的なリュックサックを背負っていたり、
買い物バックのようなトートバックをもっていたりする。

こういう男は嫌いである。


ボクフォーマルやけど胸元も見せるよ的ファッション。

なんだか首まわりが広めのティーシャツを来て、
上に黒いジャケットを羽織っている。

だいたいみんな胸元にシルバーアクセサリーをつけている。
サミュエルパンツを着ていることも多い。
そして一見して黒が非常に多い。

シンジはこういう男が嫌いである。


ユナイテッド・アローズ的ファッション。

ストリートとフォーマルの中間くらいなのだが、
なぜか年によってカラーコーディネートが異様に偏る服装である。

フォーマルに見せて、謎のプロミスリングみたいな紐を手首につけている。
本人も実はなにがなにやらわかっていないファッション。
店にあったらから買った系ファッション。

こういう男は嫌いだ。


でも本当は一度くらいは、
あれ、シンジ山登りいくの?
みたいな服装で街に出てみたいものだ。

やけに縁が丸い変なメガネをつけたり、
山ボーイになってみたり、
あれ、シンジ、胸元セクシー?と思われたりしてみたい。

そうか。これがファッションなのか。
生まれ変われない僕達が、
その日その日で自分を変えたい。
自分をいろんな境遇に当てはめて楽しみたい。
そこにそれぞれの美的感覚がくっついてきたら、
それはファッションなのだ。

行き当たりばったりな感じでブログを書き始めたが、
意外や意外。
しっかりまとまるものだと、いま思った。

ボクがいましたいこと。
それは小さな変身である。

次アップするブログはボクのポートレートつきだ。


明日も元気!


at 03:23 | Category : | Comments [0] | TB [0]