2015年1月18日

Tetraさちあれ IMG_3468.jpg

・・・・・

こんばんわ。しんじです。


いまだこのブログを見てくれている人には本当に申し訳ないのですが、
更新が滞っております。
最近始まったことではなく、
ここ数年滞っております。

いま見てくれている人はいるとしたら、
どんだけ暇なんだよという言葉を飲み込んでこう言おう!
ありがとう!


そういえばこのブログ開設や、
その他もろもろのことでお世話になっていたTetraという人物が
ついに結婚した。
奥さんは私も知っている後輩の女性である。
一緒にバスケットボールをしたことがあるが、特別深い話をしたことがなかった。まさかTetraのような男が好みだったとは、やはり人間よくわからんものである。

私は京都時代にロイヤルコーポというマンションに住んでいた。
王室的な名称だが、実際には香港の下町のような古く埃っぽくやけに天井の低いボロマンションだった。はっきり言ってウンコみたいなマンションだった。
シンジがマンション管理人お墨付きで最古参として住んでいた2階、
それに対し若い人たちが常に行き交いする3階に、Tetraは住んでいた。

そんな彼と出会って早9年、
ついに彼が結婚したのだ。


Tetra氏はバーチャルな男である。
とにもかくにもプログラミングからWeb技術から、
情報処理技術から物理演算からなにからなにまで、
彼はかたっぱしから知り尽くしていた。
そして常にその類の和書洋書を読みふけっていた。
私がサーバーがおかしくなったといえば、
彼は自室から遠隔で修理し、
Webソースがわからんよといえば、
彼はさらさらと書き換えてくれ、
「人工知能論の期末レポートが分からないよう」と泣いていたら、
親切に解説、解法を示してくれたりした。
真のバーチャル男子は静かにありとあらゆる障害を解決していく。

ただのプログラマーじゃない。Webコーディネーターじゃない。
彼はモノホンの研究気質なバーチャル最先端男であった。
はっきり言って具体的なことはバーチャルに疎い私には皆目わからない。
会社でも広告部であるにも関わらずリスティングやディスプレイ広告などからは
とにかく距離を置きつつ生きている。


彼にも過去、いろんな人間的な事件が起きた。
そのことを語るのはやめよう。
時に傷心のまま大文字山にのぼり、
時に携帯電話を投げ合った。

そんな彼がついに結婚をした。

バーチャルな彼がリアルなラブを結んでいくのは
見ているこちらがしんどい、いや嬉しい。

Tetra氏、これからゆっくりと現実世界の新婚生活を満喫せよよと思いつつ、
今後もバーチャルな悩みや仕事があったら遠慮せずに昼夜問わずいつでも頼もうと
心に決めた、そんな華やかな結婚式であった。
無論ギャランティは払わない。

バーチャルなTetraに現実のボディは必要なのだろうかと思ったこともあったが、
彼は幸せな夫になったのである。

ちなみにシンジはまだ独身だ。

あしたも元気!

at 20:37 | Category : | Comments [0] | TB [0]