2012年11月25日

更新休んでたくせに _0016518.jpg
「no name」

・・・・・

こんにちは。
シンジです。


時々自分の写真を見ます。

なんかの拍子で検索にひっかかってきてビックリしたり、
ユメウツツを自分で覗いてみたりします。

そのときによく思うのが、
写真のポテンシャルでして。

自分の写真の質については置いといて、
このブログを始めて早6年半、
これだけの期間に写真をアップしてきているわけですから、
過去の写真には、
当然当時のことを全く覚えていない類のものもあります。
かなりあるんです。

ファインダーを通して撮影したはずなので、
確実にそのとき眼で同じ風景を見ているし、
そのアングル、その角度の体制をとっていたはずなのですが、
当時のことを思い出せないんですよね。


撮っているときはいつもどおり
「結果としてどういう写真になるか」っていうことを考えていたと思うんです。
記念撮影のつもりじゃないはず。

当然自分好みの写真がアップされているわけですが、
そこに時間が挟まって客観性が増しています。

その感覚がむずがゆく、
郷懐的で、
寂しさやうれしさを感じます。

みんなに会えてよかったなと思います。
・・・遺言みたいだけど、死んだりしません。

完全におせっかいではあるが、
写ってる友達や近しい人達に、
当時の想い出としてプリントして配りたいような気持ちになります。


今の人達はネットばっかりしてるとか、
SNSやチャットでの人間関係がゲーム的とか、
いろんな意見はあるけれど、
ボクにとってブログがあったことは、
思った以上に人生の支えになっているような気がします。

結局、日常から離れられないのだから、
どんなものも現実の自分の支えになるしか、ないわけだ、と思います。


明日も元気じゃよ
at 08:12 | Category : | Comments [0] | TB [0]

2012年11月15日

じゃない _0016504.jpg
「みち」

・・・・・

元気じゃない。

一日一日を消化してます。
元気じゃないけど。


明日も元気じゃない!
at 23:18 | Category : | Comments [0] | TB [0]

2012年11月12日

森を見るな _MG_5663.jpg
「ブックフェア」

・・・・・

なんだか走り続けている。

こんばんわ。
シンジです。


とにもかくにも働いておる。
日々働いておる。

月曜の朝3時にブログの更新をしている時点で、
そうとういぶかしい雰囲気は醸し出しているが、
私は無限に働いておるのです。本当です。

初夏に、同僚と一緒にビックサイトのイベントに出張に行ったことがありました。
その次の日、一緒に出張をした同僚が姿を現さなくなったところから、
シンジのマラソンはスタートしました。
それはそれは途方もなく長い旅である。
ロンドンをスタートして、
セントヘレナからマチュピチュ、
ロッキー山脈を越えコサック兵と踊り、
おそらくいま樺太くらいだ。

8月くらいに、そろそろ35キロ地点だと思っていたが、
てんで甘かった。
最近ようやくゴールのスタジアムが見えてきたところだ。
もちろんスタジアムは我が家である。

80連勤という苦行をこなした。
10日間、家で寝てない。という日々もあった。
もはや天竺まで走れるのではないかと思った。

ただそんなことは最早どうでもいい。

激務で京都・神戸・東京・横浜・ドイツを走り回り、
いやぁ、もう、頑張ったよ。ボクは。なんて思って総括を始めようとしていたが、
そのときには、もうすべての歯車がくるっていたのである。


ある日は新幹線のトイレで血便に気づき、
またある日は同僚に籠絡されそうになり、
またある日はドイツで社長とビールをかけあう喧嘩をし、
取引先の初対面の方に開口一番「ごはん、食べてますか?」と聞かれた。
知らない中国人に「ハッハッ!ユーオーケー?」と言われた。

公私ともにすべてがおかしくなっていた。

でもいまそんなことはどうでもいい。


ブログを更新しなさい。書かないとサイトを削除する。
サーバの権利者が夜中に我が家にやってきて、
いま背後から怒っています。

YumE-UtsutsUをやりはじめて早5年半、
そろそろざっくばらんに話すときである。
このブログは私ではない人のお金で成り立っている。
その助成金を打ち切られる危機に直面しているのである。

シンパは逐一ブログをチェックしているのだが、
最近の長期音信不通についに重い腰を上げ、
我が家まで押し掛けてきたというわけである。

この状況を切り抜けるために、
いま必至でブログを書いている。

なぜ上記、人生を左右しそうだ大問題たちが、
至極どうでもよいのか。

もうこの状況を切り抜けるための、
むりくりひねり出したネタだからである。
目先の不安を取り除くのに全力を尽くすのはいつの時代でも同じである。
あえて森を見ず、木のみ凝視する。
そんな人生である。


更新したぞ!
あしたもげんき!!

at 03:24 | Category : | Comments [0] | TB [0]