2010年7月31日

アタックチャーンス


_0014142.jpg
「singles」
Camera: RICOH GR-DIGITAL Ⅱ
Lens:
Film:

・・・・・

こんばんわ。シンジです。



そういえばね、
この前の日曜日にね、
テレビを見ていたんですよ。

アタック25を見ていたんですよ。

するとね、
高校時代の親友がね、
出演していたんですよ。



アタック25を知らないあなたに、
わざわざ説明してあげましょう。

アタック25とは、
児玉清が司会をする、お昼のクイズ番組です。

回答者が4人おりまして、
それぞれ、赤白青緑の色に割り当てられているんです。

で、正解すると、
スタジオに用意された5×5の25枚のパネルの中から一枚を、
自分の色に変えられるんですね。

ルールはオセロみたいな感じなのですが、
とにかく、最後の問題が終わった時点で、
一番多くのパネルを自分の色にした人が、優勝です。

アタックチャーンス!



でね、もとい。

なんとなくテレビを見ていたらね、
アタック25が始まりまして、
カメラが全体を見渡したようなときに、
ふと気付いたんですよ。

・・・あの赤の回答者、Fくんに似てるな。
って。

見れば見るほど似てる。
ってかFくんだ。



「サッカーブラジル代表・カカの現在所属しているクラブチームは?」

ピポーン!!
「はい!赤のFさん!」

・・・赤だ。っていうか、Fくんだ。やっぱり。

「ACミラン!!」

「ん~、残念!答えはレアル・マドリード!
それでは赤のFさん!一回休み!」

児玉清がそう言うと、Fくんが静かに席の横に起立した。

・・・Fくんが・・・赤のFくんが、立たされている。
答えを間違って起立させられている。

カカがミランなのかレアルなのかは、
正直ボクも全く知らぬ存ぜぬだったが、
とにかく赤のFさんが立たされている姿にショックを受けました。



結局、優勝は白の誰かさんでして、
Fくんは2位でした。
悔しそうに座っているFくん。

「それではまた来週!アタックチャーンス!」



まったく訳がわからないまま、
番組は終了しました。







いや、本当のことを言うと、
知っていたんですよ。
Fくんが出演すること。

このまえ、Fくんが京都に来て、
一緒にお昼を食べたんですけど、
そのときにね、
シンジ「今日なにしてたの?」
Fくん「大阪で収録してた」
シンジ「収録?なんの?」
Fくん「・・・アタック25」
シンジ「・・・は?」

っていう感じでした。

しかし、見てるこっちまで、
本当に疲れましたよ。

あんなに緊張するアタック25は初めてでした。

そのとき、
収録の際に児玉清からもらったアメちゃんっていうアイテムを、
Fくんからもらったんですけど、
なんか、食べるのも悪いので、
ずっとポケットに入れてるんですが、
・・・どうしたらいいんだろう。



ってことで、明日も元気!!


at 21:23 | Category : | Comments [0] | TB [0]
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントしてください




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。